セカンドオピニオン?

今日は休暇をとって、別の耳鼻科に行ってきました。

診断は同じなのだけど、対処が違い、
今回の中耳炎は治るには2~3か月かかり、
その間薬を飲みつつ経過観察が必要。
3か月経っても水が抜けていないようなら、
そこで始めて切開を考える。
というものでした。

その間聞こえが悪いのは可哀想だけど、
2週間後に切開ってのも気がひけるしな。
ゆっくり治さないといけないのなら仕方ないか。。。

本人は痛い、痒いとかはなく、いたって元気。
b0271041_22524369.jpg
どこへ行くにも自転車で行きたがるお年頃。


年をまたぎたくなかったけど、
「そんな急に治るもんじゃないから、コレ」
と医者にズバッと言われました。アハハ。


しばらくは2週間おきの通院生活かぁ。
トホホ。。。



さて、
寒いので、今日の夕飯はおでん。
b0271041_22574884.jpg
もっと汁がひたひたのおでんをいつも目指しているのに、
おでんだねをいれすぎていつもこんな状態。

あとは、タケノコと小松菜で炊き込みご飯。
b0271041_23000034.jpg
大好きなジョージのフォークで。

[PR]
# by aokozu2 | 2018-12-11 22:37 | 育児 | Comments(0)

少し前、鼻風邪をひいて、かたい鼻水がなかなか出せなかったMちゃん。

市販のシロップ薬で良くなってきたなと思っていたのだけど、
どうも耳の聞こえが鈍い気がして、
耳鼻科へ行って中耳炎だと言われたのが11月の終わり。

鼻風邪をしっかり治すための薬と、抗生物質をもらって
今では鼻をかむこともほとんどなくなったのだけど、
やっぱり耳の聞こえが鈍い気がする。

昨日、もう一度耳鼻科へ行き、耳の検査をしたところ、
右の鼓膜はわずかに反応しているが、
左の鼓膜はまったく反応していないことがわかりました。

その原因は、耳に溜まった水が抜けきれていないことで、
1、切開して水を抜いた後に再度鼓膜の反応を見るか、
2、鼻風邪を治す薬をもうしばらく飲んで、
水が自然に抜けるか様子を見た後に
抜けていないようなら切開するか。

2を選んでしまいました。

2週間後に耳鼻科へ行ってどうなっているか。
切開なんて、、、恐い。
したくないなぁ。


まったく聞こえていないわけではなく、
耳が遠くなっているような感じです。
左耳は、耳元で囁くように話しても無反応だったり、ちょっと落ち込む。

b0271041_17045519.jpg


[PR]
# by aokozu2 | 2018-12-09 14:42 | 育児 | Comments(0)

自転車

誕生日プレゼントに、旦那側のオジイ&オバアちゃんから
自転車を買って頂いた。

ペダルを踏み込むのが難しかったようですが、
ずいぶん上手に乗れるようになり、
近所のスーパーまで行けるように。
b0271041_12490778.jpg

大きくなっちゃったなぁ。


そして、
相変わらず、これを着たがる(汗)
b0271041_12532871.jpg

パジャマの上からて、
動きづらくないかい???
[PR]
# by aokozu2 | 2018-12-03 12:46 | 育児 | Comments(0)

お別れ

チコリちゃん、今朝起きて、様子を見に行ったら
息をしていませんでした。

死後硬直が少し始まっていて、
足を曲げて、丸まって寝ているような姿勢にギリギリできました。

本当によく頑張りました。
床擦れが数ヶ所できてしまったり、
昨日今日は水も飲めなくなっていたのは可哀想でしたが、
幸いにも病死などではなく、老衰で眠るようにお空へ行けたのは
私にとっても救いでした。

2004年に当時4~5歳で保護してから14年、
当時から本当に手のかかる大変な子でした。

保護時は膵炎の疑い有りという事で、入院していたり、
分離不安の疑いもあって当時住んでいた賃貸を
どれだけ破壊されたか。

書けばきりがないくらい。

でも、最後はちょびっと飼い主孝行だっかな。
今日は仕事に行かねばならず、泣いている時間も、
悲しみを感じている余裕がないので。

チコリは、明日お骨になります。
チィちゃん、やっと楽になったね。
よく生きた。ありがとう。
[PR]
# by aokozu2 | 2018-11-28 08:08 | その他 | Comments(0)

チコリの生命力

チコリの生命力には驚かされる。

栄養なんてほとんどとれていないのに、
身動き一つとれない体で生きています。

しかし、
どうなんだろうか。
生命力というより、本人の苦しい時間が延びているだけなのか、
見ているこちらも辛くて、何もせずにはいられず、
何とか栄養になるものを、と考えてしまうし。

人思いに、一瞬のうちに心臓を止めてくれたら、、、と思ったりする。

この一週間、ずっと考えてきて、
そんな葛藤があり。

しかし、しかし、
チコリが息をしているうちは、それを支えたい。
明日から、流動食に切り替え、栄養補給食をプラスします。

といっても、20歳のオバアチャンなので、
無理強いということはせずに、
チコリが受け付けなくなったら流動食もやめるつもりです。

チコリ、ほんとに、最後まで一番手のかかる子ですね、あなたは。
でも、最後の最後まで付き合いますよ。
[PR]
# by aokozu2 | 2018-11-24 21:30 | その他 | Comments(0)

いよいよかな

我が家の長寿犬、チコリおばあちゃん。

先週から気温が低くなったせいか、
急激に衰え、立つことも、食べることもできなくなりました。

先週前半は、パウチのウェットフードを少し食べることができていたけど、
後半は口を開けてもくれず。

病院でお泊まりしている間も同じだったようで、
「もうおばあちゃんだからね」と看護師さん達も話していました。

今は、ササミのふりかけを水に混ぜて、
口先に持っていき舐めています。
(水は、フードボールを口先に持っていくと、
何とか自力でペロペロしてくれます。)

ササミふりかけ入りの水で命を繋いでいる状態。

もうガリガリ。
骨と皮だけで痛々しくて。

そこにきて、大きな床擦れから出血してしまい、
痛そうで、可哀想で。


チコリの為に何をしたらいいだろう。
[PR]
# by aokozu2 | 2018-11-21 13:43 | その他 | Comments(0)