2014年11月14日(金)

去年の今日、実は、本当だったら
出産前の最後の旅行に行こうと計画していて、
那須高原の犬達と泊まれるドッグラン付きのコテージを予約していた。
なので、運よく旦那さんも元から有給をとっていたのだ。

が、もちろん旅行なんて行けず、大学病院に行きました。
11時までに来てくれればいいよと言われていたので
朝はゆっくりした気がする。

クリニックからもらったまめ太の里親さん宛の紹介状を受付にだして、
産婦人科で受付をして、まずは体重と血圧測定。
念のため朝食は食べずに来てと言われていたので
食べてなかったのに、前日にクリニックで計った体重より
更にアップしていて驚き。
ていうか、自分でドン引き。

更に血圧、上が184、下が107!
自分の目を疑った。
(ちなみに、妊娠初期の血圧は上が104、下が63)

産婦人科の受付の人に130以上の数値が出たら再計測してと言われたので
もちろん再計測。

2回目、上が176、下が106。
またもや自分の目を疑う。

何だかよくわからなくなっちゃって、結果をそのまま受付に。
しばらく待って診察室へ。

この時の先生がお世話になった主治医の先生。すでにまめ太の里親さんから私のことを聞いていたみたい。
物静かな感じで話す先生で、表情から感情を読みづらい先生だったなぁ。

エコーとか一通りの診察をした後、即入院と言われる。
高血圧のこと、1週間以内に赤ちゃんを出すことになること、
赤ちゃんの肺がまだ未熟なこと、
高血圧からくる合併症が危険なことなど。
先生は、NICUに連絡をして赤ちゃんが入れるかどうかの確認もしていた。

診察が終わってからどうやって入院していた部屋に行ったのか覚えていないんだけど、
朝から何も食べていないからお腹がすいちゃってすいちゃって。
ICUに入って、持ってきた寝間着に着替えて、
助産師さんが血管が痙攣しないように点滴してくれたりしている時に
まめ太の里親さんがICUまで私の様子を見に来てくれて
何かホッとしたのを覚えてる。
で、まめ太の里親さんにお腹がすいたと訴えた私(笑)

それから、赤ちゃんの肺の成熟を促す注射を打って、
お昼を食べれたのが14時くらいだったような。

その後何してたんだろ。
旦那さんに足りない物を買ったり、取りに行ったりしてもらって、
面会時間が終わるまで旦那さんとたわいもない事を話していたんだろうな。

この日はシャワーを浴びずに、人生初の入院で
あまり眠れない夜を過ごしたのでした。

(夜中も数時間おきに血圧測定をしに助産師さんがきてくれたんだけど、
夜中に更に血圧が上がってしまい薬を服用した。)
[PR]
by aokozu2 | 2015-11-14 21:37 | 出産 | Comments(0)
<< 2014年11月15日(土) 2014年11月13日(木) >>