<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

他人事

保育園に夕方まで行くようになって、
離乳食も朝昼晩と三回にもしてるし
今はおっぱいは夜だけ。

でも、母乳のせいか夜中頻繁に起きる。
そして起きるとなかなか寝付いてくれないことが多く
私も寝た気がしない。

寝付いてくれない理由をいろいろ考え、
試してみてはいるものの改善できず今に至る。

今朝、同じように何度か起きたMちゃんをやっと寝かし付けて、
寝た気がしないまま6時くらいに起き
すでに起きて朝の支度を終えゴロゴロしていた旦那に
暖房はつけたけど布団を蹴飛ばして寝てるから心配だと言うと

「だいじょうぶなんじゃないっすかぁ~」

と気の抜けたような返事を聞いて久しぶりに顔も見たくないほどに
腹がたってしまった。

ここのところなかなか寝付いてくれないことや
ゆっくり寝てくれるにはどうしたらよいかを
悩んでいることも知っているはず。
ついさっきやっと寝かし付けてきたことだって知っているはず。

家事や育児もいろいろやってくれる方だし感謝してるけど、
何かもやもやしていた原因が今朝の一言でわかった。

結局、例えMちゃんの事でも私が悩んでいることだから
旦那にとっては他人事なんだな。

Mちゃんが夜中に何度起きようが旦那は一切起きないし、
日々のちょっとした困ったことだったりも
旦那が直面したわけではないから他人事。

腹立つけど他人事だってことに妙に納得。
Mちゃんの事で困っても旦那に話すのはやめようと諦めがついた。

そんな旦那、明日は会社の有志で飲み会らしい。
子育てや家の事は女性がメインでやるという古い考えを持ちつつ、
女性ばかり我慢しなきゃいけないのってどうなの?って思っちゃう。

先週誕生日を迎えた私に旦那が言った。
「どっか行きたいお店とかないの?」


私の行きたい店は全部夜しかやってないんだよ!
バーカッ!

[PR]
by aokozu2 | 2016-01-21 20:07

泣きそうに焦る

昨日、天気もよかったしMちゃんには朝から保育園に行ってもらおうと
バスで駅まで向かい、駅から保育園まで歩いていた。
(いつもは車か自転車)

雪がまだいたるところに残っていたし、
長靴をはいていった。

しかし、この長靴が思いの外滑ること。
なんて役立たずな長靴。

Mちゃんを抱っこ紐で前に抱え、保育園の荷物を右手に持って
なるべく凍った箇所は避けて歩いて
ヒヤヒヤしながらもあとちょっとで保育園、
もうすぐそこに保育園が見えてる所まで来た時、


ズルッ!


右足を前に出した瞬間滑って横に転倒。

そして、右側にあった雪掻きをして少し積まれた雪に
Mちゃんは頭をぶつけてしまった。

頭打った!? ヤバい!

そこからもう焦りで頭真っ白。
どうしようどうしよう しか言葉が出ず、
半泣きで目の前に見えていた保育園へ。
先生達に今起きた事を話、頭だしかかりつけの小児科に行く事を勧められる。
(転倒した直後は大泣きしていたMちゃんは、
この時は泣き止んでいて周りをキョロキョロ)

保育園を出てかかりつけの小児科へ電話。
脳神経外科を受診することを勧められ、脳神経外科のある病院を教えてもらい
タクシーで病院へ向かう。
(こんな道2度と歩きたくないという恐怖)

幸いなことに脳神経外科は空いていてすぐに診てもらえて、
診察の結果異常はなく特に問題はないということだった。

よかったよー、本当によかったよー!
気が気じゃなかったよー。
何かあったらどうしようかって泣きそうだったよー。
ていうか、泣いてたし(汗)

何で頭を守れなかったんだという悔しさ、
帽子を被らせていなかった自分のアホんだら。

転倒した瞬間を思い出すと恐ろしくて震える。
2度と経験したくない出来事だった。


病院から帰って夕飯の仕度中。
何やらゴソゴソと遊んでい。
b0271041_20363959.jpg

元気で一安心。
[PR]
by aokozu2 | 2016-01-20 20:00 | 育児

げげ

雪が降る降るとは昨日から聞いていたけど、
まさかこんなにだったとは。

b0271041_22392750.jpg


車に積もった雪の厚みはけっこうありましたよ。


今朝、バスに乗るために6時35分には家を出た旦那さん。
(バス停は家から見えるくらい目の前)

しかし、
バスがなかなか来なくて、バスに乗ったのは7時半くらいだったらしい。

1時間もバスが来ないって、、、
いくら雪でもひどくないかい?

それを聞いて、Mちゃんの保育園は今日はお休みさせようと即決。
(まだ仕事が決まっていなくて本当によかった。。。)

Mちゃんの様子を伺いつつ、
雪掻きで労働した気分満載精の一日でした。
[PR]
by aokozu2 | 2016-01-18 22:25 | その他

いたたまれない

毎日ニュースを見れば何かしら子供が虐待されたというのを
耳にする気がする。
そんな事を耳にする度に息苦しくて仕方がない。


まだたった3歳の小さな子供の顔に熱湯かけるって、
一体どんな気持ちだったらそんな事ができるのか。
痛がる子供をどうしてそのまま放っておけるのか。

そんな光景を想像するだけで涙が出る。
過去のその現場に行って、親からその小さな子供をかっさらってきたいと
思うのはたぶん私だけではないはず。

一度はとっても苦しい思いをして産んだ子供でしょう。
産んだ瞬間にもういらなかったの?
だったらなぜ施設に預けたりしない?
虐待するより他に方法はなかったの?
バカ?

子供が子供を産んでしまった感じでしょうか。


世の中にはたとえ自分の子供ではなかったとしても、
愛情をもって育ててくれる人はたくさんいるのに。
子供を欲しくて欲しくて、それでもできない人がたくさんいるのに。

なぜだか望まないのにぽんぽん子供ができる人もいる。
世の中決して平等ではない、不公平だなと思う。


3歳という小さな子供の三年間。
家庭しか居場所はなかっただろうに、毎日虐待されて
長い長い3年だったろう。
一度でも心から笑えたことはあったのだろうか。

今度は心から抱きしめてくれる親の元へ産まれてこれるようにと
祈ることしかできない。



そして親。
この親が苦しむ時はくるのでしょうか。

3歳の子が味わったのと同じ苦しみ(いや、それ以上だな)を
味わいながら死ぬがいい。

と、心底思う。
[PR]
by aokozu2 | 2016-01-14 14:45 | その他

去年の今日は

産まれてからNICUでの約2ヶ月の入院を経て、
Mちゃんが退院してきた日です。

緊張と、ワクワクと、不安と、いろいろ。

やっと帰って来れたね、お帰りって気持ちだった。

あれから一年。
退院の日、おくるみの中でこーんなに小さくて、
b0271041_20195227.jpg


旦那さんに抱かれてもすっぽり収まる小ささだったのに、
b0271041_20195696.jpg




今じゃあ、こんな顔してでっかい声で我儘泣きしとります(汗)
b0271041_20195927.jpg

[PR]
by aokozu2 | 2016-01-10 20:10 | 育児

年始は病院へ

年が明けると日が経つのが早い。
もう8日か。

年明け4日の夜、Mちゃんの体にこんなのがいっぱいで大慌て。
b0271041_14235717.jpg

熱はなし、食欲もあり、いつも通りの機嫌。
ただ、少し前から眠りが浅く、夜中も小刻みに起きていた。

翌5日から保育園に行く予定だったけど皮膚科を受診。
突発性発疹後の一過性の蕁麻疹じゃないか?ってことだったけど。
(要はわからないってこと。。。)

時間を追うごとに赤みも増し、全身に広がってきた。
更に翌6日、小児科を受診。
すぐに薬に反応したんじゃないかと言われ、
お薬手帳を見せたところ、
耳鼻科で年末最後に出された抗生剤がドンピシャだった。
小児科では出さない抗生剤らしいけど、耳鼻科などでは
乳幼児にも普通に出される場合が多いらしく
大体の子が同じような症状になってしまうらしい。

原因がわかって一安心。


6日の小児科が終わってから実家に来ました。
6日に母が手術をしたので、Mちゃんを連れて実家の家事手伝いをしに。

Mちゃんが1歳になったらすぐ働きたいと思っていたけど、
こうなってみるとまだ働き先が決まっていなくて
良かったと思う。

今のところ、母は手術も終わって元気になりつつある。
これからどんな治療をしていくかはまた先の話で
手術を乗り越えることが第一歩。
早ければ来週半ばに退院できる。


私達は、この年末年始、今年は岡山には帰省せず
久しぶりに銚子のいつもの定食屋さんに行ったのだけど
その時の様子などはまた後日。


体はデカイが中身はちっさい実家のワンコ、チャーリーと。
b0271041_14241960.jpg

[PR]
by aokozu2 | 2016-01-08 10:55 | 育児